gtag('config', 'UA-189317092-4');

何を読んでも何かを思いだす

本は積んでも人生詰むな。

シャーロック・ホームズの冒険

 

最近憂国のモリアーティ』というアニメを見ている。

 

f:id:paperwalker:20201215231736j:plain

 

これは『シャーロック・ホームズ』を原案にしているのだが、主人公はホームズの宿敵モリアーティ教授で、なるほど、そういう視点があったかと思わされる作品だ。

原作の漫画の方も読んでみたいのだが、それに加えて久しぶりにシャーロック・ホームズのことが気になっている。

 

とはいえ、小説としてはかなり昔に2、3冊読んだだけで、私にとってのホームズはなんといってもイギリスのグラナダテレビが制作した、ジェレミー・ブレット主演のドラマシャーロック・ホームズの冒険である。これに尽きる。

あの風貌、動き、話し方。ホームズの奇人ぶりを見事に表現していて、まさしく「本物」のホームズだと思ってしまう。(虚構の人物に本物というのもおかしな話だが)

まあ、私ごときホームズ素人が力説しなくても、この作品が映像化されたホームズのベストだというのは衆目の一致するところだと思う。

制作の途中からジェレミー・ブレットの体調が悪化して、後期にはクオリティが落ちたなどとも言われるが、それでもやっぱりこの作品がベストだということには変わりない。

なんというか、イギリス人が本気で作ったシャーロック・ホームズという感じがする。

 

f:id:paperwalker:20201215105659j:plain

 

もっとも私が実際に見ていたのはNHKで放送された吹き替え版で、そのときホームズの声を担当したのが俳優の露口茂さん。( 私の世代だと『太陽にほえろ!』の「山さん」といったほうがわかりやすいかもしれない)

あの少しくぐもったような声が不思議とホームズに合っていた。

実はいま、いつも利用している動画配信サービスでこのグラナダ版のシリーズを配信しているのだが、こちらは吹き替え版ではなく「字幕」のほうで、もちろん喜んで見ているけれど、あの露口さんの声のホームズをもう一度見たい。

ほかのドラマや映画もそうだが、よくできた吹き替え版にはそれ独特の良さがある。

 

以前、何度かDVDの購入を考えたこともあるのだが、全巻買うと(中古でも)さすがにけっこうな金額になってしまい、いつも二の足を踏んできた。

もう一度、来年の「セルフお年玉」ということで検討してみようかな。

 

f:id:paperwalker:20201215113840j:plain


今週のお題「もう一度見たいドラマ」

先週のお題「自分にご褒美」