gtag('config', 'UA-189317092-4');

何を読んでも何かを思いだす

読書道とは積むことと見つけたり。

2021-05-23から1日間の記事一覧

本と善意

ヘレーン・ハンフ編著『チャリング・クロス街84番地 増補版』(江藤淳訳、中公文庫、2021)が出たので読んだ。 たしか四半世紀ぐらい前に旧版を読んでいるはずだが、細かいところは忘れていたので、新鮮な気持ちで読むことができた。 著者のヘレーン・ハンフ…